べたつきはニキビの始まり

肌のべたつきが、ニキビ発生のきっかけを作る。
原因は過剰な皮脂の分泌だ。毛穴に皮脂がたまり、
そこに空気中のほこり等の汚れがつくと炎症を起こし、
ニキビが出来てしまう。
ニキビがよく出来るのは10代後半から20代の前半。
ホルモンの働きで、皮脂の働きが高まる頃だ。
特に男性は女性より皮脂の分泌量も多く約2倍になるという。
皮脂の量は季節によっても増減する。
寒いときは少なめで暑くなればぐんぐん増える。
しかし皮脂は決して悪者ではない。
水分と混ざって皮脂膜を作り、肌を保護する働きをしている。
肌が水分を保って乾燥しないのも、皮膚の中に雑菌が
入り込まないのも皮脂のおかげである。
ところが、量が多すぎると肌にダメージを与える物質
に変わったり、汚れを肌に密着させてニキビを発生
させる。


ニキビを作らないための注意

   皮脂の分泌が適度な健康肌をキープするには、清潔・睡眠・食生活に注意する。

  ニキビケア−のおきて

出来てしまったニキビの回復&ニキビの出来ない健康な肌を作る「3つの鉄則」

鉄則その1

洗顔 過剰な皮脂をすっきり落とす。朝と夜の洗顔を習慣に。

「たっぷり泡立て」・「こすらず優しく」・「すすぎはしつこく」がコツ

洗顔後はさっぱりタイプのローションで整える。

鉄則その2

出来てしまったら、「いじらない」・「つぶさない」がお約束。

洗顔後殺菌効果のあるニキビ専用ローションで即効ケアー

鉄則その3

1ランク上のすべすべ肌を目指すための
スペシャルケアーにはパックがおすすめ。
古い角質を取り除き、肌に休息を与え、毛穴の奥の汚れを
取り除く。週に1〜2回が目安。

戻る